総量規制対象外のキャッシングとは

近年、法律の改正があり、消費者金融などの貸金業者が、一般の消費者に貸出しを行える限度額が年収の3分の1までに制限されました。年収が300万円に人の場合、消費者金融から借り入れることのできる総額は100万円までということになります。

この金額は、1社から借り入れを行える金額ではなく、複数の業者からキャッシングしている場合、他の借金を含めた金額になります。先の例の場合、借金全部を集めて100万円までということですね。

法改正が行われた背景には、貸したお金を返せるだけの余裕がない人に、必要以上の貸付けを行い、借金に悩み苦しむ人が多く出現して社会問題になったという点が大きかったと思われます。今のご時世で言うと、国に例えるならばギリシャのような状態になってしまったということですね。

ただし、この総量規制には抜け道が存在します。年収の3分の1を超える借り入れが場合によっては可能ということです。

結論だけ申し上げますと、消費者金融などの貸金業者ではなく、銀行などの金融機関からキャッシングする場合、この総量規制の制限を受けません。それと言うのも、総量規制は貸金業者を縛る規制であって、法律上、貸金業者に該当しない銀行などの金融機関は、この制限を受けないという理屈になっています。

我々一般の消費者の感覚からすると、狐につままれたような、不思議な気がしますが、法律の定義の問題で、これらは完全に区別されていますので、総量規制を超えたお金をキャッシングしたい場合、銀行や信用金庫を当たってみることをお勧めします。

キャッシング審査基準や内容を事前に知りたい場合
http://www.nancysolidaritejapon.com/jizen.html