キャッシングの申し込みで注意する点とは?

緊急でお金は必要になった際には心強い味方となってくれますが、申し込み申請が通らない限り借り入れることはできません。キャッシングの申し込みにはいくつかの注意しておくべき点がありますので、審査落ちで困る前に把握しておきましょう。

●キャッシングの申し込みの注意点とは?

1・勤続年数が短いと不利になる
就職先が決まりこの先給与が入るめどが立ったとはいえ、勤続年数が半年程度と短い場合では審査落ちする可能性が高くなります。
少なくとも勤続年数が1年経った頃に申し込みをした方が、審査に受かる確率も高くなります。

2・お金に困ったからと複数のキャッシングに申し込むのはNG
キャッシング会社は審査の為に、申し込みや返済の履歴などを記録してある「信用情報機関」へ必ず問い合わせを行いますので、複数のキャッシング会社へ申し込みをしていたり、過去に延滞事故をしていた事が判明した場合、まず審査通過することはできません。

3・年収の3分の1までしか借りられない
貸金業法が2010年に改正され、年収の3分の1までしか、正規の消費者金融での借り入れができなくなっています。
他社からすでに年収の3分の1借りていた場合には、審査段階で落とされてしまいますので、よく確認した上で申し込みをしておきましょう。