アルバイト時代でのキャッシング利用

僕は現在30代の、男性です。

20代前半でのバイト時代でのキャッシング利用の経験談です。

当時はコンビニでアルバイトをしていた時のことです。

夕方から深夜にかかるまでのアルバイトだったのですが、日数・時間が週4程度で、約¥85000ほどの収入でした。まだ実家暮らしで就職前だったので、ほぼまるまる小遣いのようなものでした。

このバイトから、他のバイトに移るまでの期間、小遣いがピンチ!

そこでキャッシングを試みました。

なんとも浅はかな考え、、少しは我慢するか、やりくりしろよ、、、

という状態でしたが、その時は使うことに頭が囚われていました、、、

少し検討した結果、無人契約機でのキャッシングを試しました。

最初はドキドキ。無事に借りられるのか。本当に借りて大丈夫なのか!?

結構不安でした。

まあ、次のバイト、次の収入がほぼ決まっていたので、返すあてはきちんとありましたが。

無人契約機の前に立ち、契約開始です。

身分証明書の提示や、申し込みの記入。難しい作業はなかったように覚えています。

結果としては、当日に¥50000を借りられたと記憶しています。

キャッシングとは案外簡単にできるものなのだなと、感心していました。

ただ、返すあてがあるときにキャッシングは利用しないと、後々困るのは自分なので、そこは気をつけようと思いましたが、、

返済自体は、次の返済日に一括返済したと思います。

実際返済が終わるまでは、キャッシングしたことが少し心の負担にはなっていました。

キャッシング利用の、少しの安心感と負担を感じた体験談でした。