キャッシングの返済で遅延をすると信用情報機関に掲載される

キャッシングにおいて、遅延をすることはできるだけ避けてもらいたいものですが、遅延を1回でもしてしまうと、その情報が信用情報機関に載ります。返済が間に合わなかったという事実が載ってしまうので、それが以降の申し込み時にも影響しないとは言えません。

基本的に遅延はどの会社もマイナス視しているので、それはできるだけ避けてもらいたいですが、何度も利用していれば、多少遅れてしまうことはどうしてもあります。したがって、1回の遅延が以降のキャッシングの審査において、特に不利に働くとは思えないのです。不利になってしまう可能性は否定できませんが、それがそんなに大きな影響を生むとは思えないのです。遅延が甚大な影響になる場合というのは、遅れた日数があまりにも長すぎたり、遅延が何度も繰り返されたりといったケースになるでしょう。

1回のミスであれば、それくらいはあるだろうと思ってくれると思いますが、何度も繰り返していると、うちでも返済が遅れる可能性が高そうだと思われて、貸してくれない可能性もあります。したがって、たまに遅延がある分にはしょうがないですが、頻繁にあったり、過去に何度も遅延をしていると、いずれ貸してくれるところがなくなるという危機感は持ったほうが良いと思います。