多くの銀行で、自分の銀行の口座を必要とする理由

口座を持っていることを前提に多くの銀行では、カードローンの発行の条件としています。

この条件はなぜ設定されているのかというと、単に他銀行に振りも無のが面倒であるといったことだけではありません。

基本的に、銀行内でカードローンの申し込みをする人の情報管理をするのが楽だからです。

申し込み時に苧金額や利用上を卿を調べることが口座を持っているとしやすく、それによってどれくらいの収入上や支出があるのかを

判断するのが一目瞭然です。 そうなると、より審査がしやすく、返済についても計算しやすいので口座を持っていることが条件になっていやすいのです。

銀行が手堅くお金を回収するために必要となっているのが口座を持っていることを要件にしていることなのです。

郵便局にもカードローンがあるらしい

先日地域一の大きな郵便局の窓口に行った際、「したく」というカードローンのパンフレットが置いてありました。私はボソッと「郵便局でもカードローンやっているんだ」と言うと、窓口の女性が「こちらは実はスルガ銀行のカードローンなんです」と言うのです。どうやらスルガ銀行カードローンの代理店として、「したく」と名付けて郵便局で取り扱っているようなのです。

パンフレットには、「したく」の融資限度額は500万円(初回借入は300万円まで)、金利は年7~14.9%と書かれています。窓口の女性に聞くと、「審査は即日で行われるものの、融資までには1週間ほど見ておいて下さい」と言われました。そして「10万円の借入なら毎月3000円の返済で大丈夫です。契約されますか?」と誘われましたが、やんわりと断りました。郵便局ならではの安心感は買えますが、利便性は高くはないようです。

愛媛銀行カードローンは無利息期間もついている地方銀行カードローン

愛媛銀行カードローンは全国対応をしている地方銀行の一角でありますし、地方銀行でもありながら

サービスもかなり充実しています。

全国対応をしているだけあって、口座も不要でWEBですべて審査が完了するという点は、全国展開している銀行といえる充実したサービスの一つといえます。

また、他の大手銀行にも負けないようなサービスとして即日融資と無利息機関の適用があります。

即日融資は、なんと愛媛銀行の口座でなくてもすぐ振り込めるという点があり、融資をしてもらう銀行の口座を持っていないと即日勇士は出来ないというようなところからさらに進んだメリットです。

また、初めて利用する方は契約日から無利息期間が30日間適用されるということで、大手の銀行や消費者金融にも負けない速さとサービスがここに詰まっているといえるでしょう。

金利については、上限が800万円までとなっているにもかかわらず、4.4%から14.6%と下限については高い部分もあります。

WEBサイトに関しても大手消費者金融や大手銀行レベルでコンテンツが充実していますので、インターネットをつなげる環境ならかなり扱いがしやすい部分も多いです。

地元以外の人でもかなり利便性は高い銀行であるといえます。