J.Score(ジェイスコア)では上限金利がかなり低い

J.Score(ジェイスコア)は消費者金融に属する金融会社で、銀行ではありません。

したがって、銀行と比べると金利が高いというのが普通なのですが、銀行並みの低金利を実現しているのです。

J.Scoreでは上限金利が12.0%となっており、破格の数字と言えると思います。

消費者金融の場合には、上限金利は18.0%というケースが多いですから、それと比べるとかなりの低金利と言えるでしょう。

だから、J.Scoreの金利は利用者にとってかなり魅力的な部分となるのです。

金利は重要なポイントと言え、お金を借りる際の会社選びで多くの人が気にしているでしょうから、J.Scoreの特徴としてはこういった部分も理解しておいてほしいです。

各質屋さんの金利の比較について

キャッシングでも金利面というのは会社によって差がある傾向にあり、それぞれの金利設定で利息を取っています。

質屋も同様で、店舗によって金利設定というのは異なっているのです。

具体的に店舗間で金利の設定をいくつか見ていきますと。

大黒屋 月利 0.9%~1.5% (30万円未満は要相談)

ぜにや本店 月利 1.5%~5% (10日以内に質受すれば0.5~1.0% 金利負担減少)

高山質店 月利 2~8% (店舗によって設定が異なるケースもある)

東京ブランド 月利 3~8%

さのや 月利 2.8~8%

大蔵質店 月利 4~7%

といったようなところを調べた結果なっているわけであります。

金利設定もお店によってかなり差が有るといった現状があり、消費者金融といったキャッシング会社に比べるとかなりばらつき賀あるというのが特徴的な感じです。

また、基本的に金利設定に関してはキャッシング会社と比べると高くなる傾向がありますので、返済にはかなり苦労をするのではないでしょう。

ただ、質屋においてお金を借りることは、すぐに多くのお金を借りたいときや信用情報を気にしている方などにとっては

大変ありがたい存在ですので、利用する価値はあるというわけです。

借り換えタイミングは金利と残高次第

借り換えのタイミングというのはなかなか難しいものではありますがキャッシングの場合はいくつかの条件をクリアしている時にはした方が良いです。まず当然ですが金利が安くなる場合です。借り換えタイミングというのは要するに金利が安くなるからやるわけです。それはキャッシングでも同じです。

来月、完済するという場合においてそんなことをするべきであるのかといえば時間のコストの方がかかると言っても過言ではないのであくまで結構な残高が残っていてまだ返済期間がある場合にやるというのがお勧めできるやり方になります。大よそ、20万円以上残っていれば、という目安を知っておくと良いでしょう。それ以下であれば手間の方がかかる可能性が高いです。