アルバイトでもキャッシングは可能

アルバイトだからキャッシングでお金を借りられないと、諦めていませんか。

雇用形態に関係なく一定以上の安定した収入があれば、アルバイトやパートでもお金を借りることはできます。

年収の額ではなく、安定して継続的に給与をもらっているかどうかが重要です。

年収に応じてキャッシングの上限が決定されますから、年収が少ないからと心配する必要はありません。

週に3日くらいしか働いていないパートの人でも、継続して収入を得ている人なら問題なく申し込みできます。

勤続期間も見られますから、少なくても3ヶ月以上働いていれば審査にも通りやすくなります。

即日融資してくれるスピーディーな業者もありますから、アルバイトだからと諦めずお金に困っているなら申し込みしてみましょう。

消費者金融の審査のポイントについて

僕は学生だからきっと消費者金融では借りられない、私は主婦だから審査に通らない、そんな風にお思いの方もいらっしゃるかと思います。実は消費者金融の審査はそういった職業などは関係なく安定した収入があれば審査に通過できるようになっています。

ですので、学生でも主婦でも、正社員だけでなくアルバイトやパートでも収入が安定していればキャッシングできる可能性があります。また自分ではなく配偶者に安定した収入がある場合でも借入することができたり、審査の基準は各消費者金融によっても異なってくるので、1社ダメだったから全てダメということではなく通りやすい会社と審査が厳しめな会社とそれぞれです。

ただ、学生や主婦でも未成年の場合はほとんどの消費者金融が貸し付けを行っていないので注意は必要です。

キャッシング選びでは比較するポイントと融資の活用

消費者金融会社は国内に数多く存在しますので利用者としては選択肢が豊富であり、キャッシングの選び方が継続的に融資を受ける為のポイントとなります。各キャッシングサービスの内容はそれぞれ異なりますので、サービス内容の比較をする事で返済時の負担を軽減出来たり、全国にある提携ATMが多ければ利便性が増したりします。

キャッシングは限度額まで利用用途の制限がほとんど無しで使う事が出来ますが、利息に関してはサービス毎に異なっていますので、借入利率を比較していきます。借入利率が低ければ、その分、返済をする時に返しやすくなりますので、借入利率を重視して、利用するべきサービスを選んでいきます。キャッシングの使い易さは、提携ATMの多さや申込み方法の豊富さによっても差が出てきます。

総量規制対象外のカードローンは審査に時間がかかる

改正貸金業法が完全施行されてから年数が経過したにも関わらず、多重債務者による自己破産件数が増加に転じたことが報道されています。消費者金融や信販会社は、貸金業法により総量規制が導入されて、貸付上限額が年収の1/3以内に固定されている状況です。

一方、総量規制対象外として知られる銀行や信用金庫のカードローンは、総量規制に抵触している多重債務者が新たに借り入れ可能な受け皿となっており、結果的に多重債務者を再び増やす原因となったわけです。そこで、銀行カードローンでは即日審査を2018年から停止して、慎重な審査を行うという自主規制を開始しています。銀行カードローン事業を縮小したくないという考え方から、自主規制により過剰貸付を抑止する狙いがあるわけです。

個人事業主がお金を借りるのは難しい?

個人事業主を簡単に言うと、法人として開業手続きをしないで事業を始める全ての人を言います。個人事業主として事業を開始するには所轄税務署に開業届けを出すだけでOKで、お金はかからないのが特徴です。

このblog的には、個人事業主は普通のカードローンの審査に通りにくいのが特徴です。そもそも普通のカードローンはほとんどの場合事業用資金に充当することを禁じています。

そこで個人事業主はヒジネスローンという事業資金専用のカードローンを契約するのがオススメです。無担保・保証人無しで契約できますし、総量規制の対象外なので巨額の融資が可能となります。ビジネスローンは金利がやや高く提出する書類が多いのがデメリットでありますが、資金難に苦しむ個人事業主の強い味方となります。

学生の方もキャッシングが可能なんです

生活する上で、どうしてもお金が必要になることもあります。学生は借り入れることができないと思われている方もいるかもしれませんが、実は学生向けのキャッシングもあるんです。急ぐ方も安心できる最短即日融資が可能、初回利用の翌日から30日間、無利息のサービスもあります。

また、50万円までの借り入れの場合、収入証明も不要ですし、来店することなくWEBから申し込みをすることもできます。その際、口座振り込みの返済にすれば、郵便物もナシで契約することも可能です。全国各地にあるコンビニのATMからも借り入れ、返済ができるので非常に便利です。キャッシングの申し込みをする前に借り入れ額、期間などきちんと確認をすることが重要です。

多くの銀行で、自分の銀行の口座を必要とする理由

口座を持っていることを前提に多くの銀行では、カードローンの発行の条件としています。

この条件はなぜ設定されているのかというと、単に他銀行に振りも無のが面倒であるといったことだけではありません。

基本的に、銀行内でカードローンの申し込みをする人の情報管理をするのが楽だからです。

申し込み時に苧金額や利用上を卿を調べることが口座を持っているとしやすく、それによってどれくらいの収入上や支出があるのかを

判断するのが一目瞭然です。 そうなると、より審査がしやすく、返済についても計算しやすいので口座を持っていることが条件になっていやすいのです。

銀行が手堅くお金を回収するために必要となっているのが口座を持っていることを要件にしていることなのです。

キャッシングの限度額引き上げ方法

銀行や消費者金融を利用してお金を借りるといった方法があります。一般的に正社員や契約社員といった企業で勤めている人であればだれでもがキャッシングサービスを受けることが出来ます。

ですが収入に応じての返済プランを銀行側や消費者金融側が審査して決める為決まった金額しか借りることが出来ません。その際にキャッシングの限度額を引き上げる方法としては所得証明書を銀行などに提出しより厳しい審査を受けることが必要です。

その審査では借入時の返済が滞納がなくしっかりと期日が守られているかも審査の対象になります。厳しい審査さえ通ればキャッシング枠の引き上げが可能なのです。所得証明書さえ提出すればだれでも審査を受けることが出来ます。

アイフルのファーストプレミアムカードローン

初めてカードローンと契約される方は、テレビCMでお馴染みの消費者金融が安心です。中でもアイフルには、テレビCMではやっていないファーストプレミアムカードローンという特別な商品があります。非常に低金利のため審査は厳しめですが、こちらに落ちても通常のカードローンには通る可能性は高いので、ダメ元で申し込むのもアリです。

アイフルのファーストプレミアムカードローンの基本スペックは、融資限度額が100万円~500万円、金利は年4.5~9.5%です。こちらも総量規制の対象となるために、最低年収300万円以上ないと申し込めません。また初めてアイフルと契約される年齢が満23歳以上59歳以下の方と、通常のカードローンよりも申し込みみ条件が厳しめです。しかし最大30日間の無利息サービスはありますし、即日融資も可能ですから利便性は高いです。

郵便局にもカードローンがあるらしい

先日地域一の大きな郵便局の窓口に行った際、「したく」というカードローンのパンフレットが置いてありました。私はボソッと「郵便局でもカードローンやっているんだ」と言うと、窓口の女性が「こちらは実はスルガ銀行のカードローンなんです」と言うのです。どうやらスルガ銀行カードローンの代理店として、「したく」と名付けて郵便局で取り扱っているようなのです。

パンフレットには、「したく」の融資限度額は500万円(初回借入は300万円まで)、金利は年7~14.9%と書かれています。窓口の女性に聞くと、「審査は即日で行われるものの、融資までには1週間ほど見ておいて下さい」と言われました。そして「10万円の借入なら毎月3000円の返済で大丈夫です。契約されますか?」と誘われましたが、やんわりと断りました。郵便局ならではの安心感は買えますが、利便性は高くはないようです。