カードローンの契約期間と言うのはなぜ存在するのか?

カードローンには一般的に契約期間が定められています。返済まで契約期間を存在させていてもいいような気もしますが、(返せなければ打ち切りでいいわけですし。)なぜこのような設定をしているのでしょうか?

一般的な回答としては、信用度の変化を見ているからです。 安定して返済しているような顧客なら何ら問題なく利用してくださいと言えますが、そうでない人の場合ですと打ち切ってしまった方が経営的にも安定するからです。

多重債務や多額の金銭を貸し付けているような場合であれば、契約自体は打ち切って後は返済をしてもらうだけという風にした方が、リスクは最小限度で済みますので、契約期間を一定期間内という形で作っているというわけです。