増額案内をされた場合に交渉すべきことは?

銀行や消費者金融のカードローンを一定期間利用し、返済に問題が無ければ増額案内されることがあります。しかし、借り入れは限定的という方には増額案内はあまりメリットの無いものにも感じてしまいます。しかしながら、増額する予定が無いときは、そのまま断るのではなく金利引き下げの交渉を忘れてはなりません。

カードローンの中には、利用限度に応じて金利がスライドするもののほかに審査により金利が設定されるものもあります。利用限度に応じて金利が設定されるものについては、交渉の余地が無いものの、審査で設定される場合は金利が下がる余地があります。

交渉をしなければ、そのままの金利で契約し続けることになるため、信用度が向上して増額案内されたと判断できる場合は先ずは交渉してみましょう。交渉して不利になるものではなく、声に出して言ってみても損はありません。