総量規制対象外のキャッシングなら銀行のカードローンを

消費者がお金を借りすぎてしまった結果、後々に大変な目にあわずに済むための法律として総量規制があります。この総量規制があることによって消費者は自分の年収の三分の一までしかキャッシングを利用することができないようになっています。

つまり、総量規制は消費者がお金を借りすぎてしまい自己破産に追い込まれてしまうようなことから未然に保護しているのです。しかし、この総量規制の存在がときには厄介に思えてしまう場面もあります。たとえば、ある程度のまとまった金額が必要なときにキャッシングでは、必要な金額を借りられないというケースがあるのです。

自分の希望している金額が年収の三分の一を超えているときに総量規制によって借りられないことがあるのです。ただし、そのような場面に直面をしたとしても慌てる必要はありません。総量規制対象外の借り入れもあるからです。

総量規制の対象となっているのはすべての借り入れではなく、消費者金融や信販会社、クレジット会社などのいわゆる貸金業者からの借り入れに限定されているので銀行のカードローンに関しては総量規制対象外となっています。もしも、年収の三分の一を超える金額を借りたいというときには、普段から親しんでいる銀行のカードローンに申し込んでみるようにしましょう。