キャッシングの審査に必要なのは本人確認と収入証明だけです

キャッシングをしたいけれど、何を持参したらいいのかわからないから心配、そういう人はいないでしょうか。実はキャッシングに必要な書類は、2つしかありません。まず本人確認の書類です。キャッシングは、誰かに代わりに行ってもらうことはできませんし、名義貸しもできません。必ず、お金を借りる本人が申込むことになっています。

本人確認の書類は、運転免許証が一番いいのですが、その他に保険証やパスポートでも構いません。ただし期限が切れていると利用できませんので、必ず有効期限内の物を持参するようにしましょう。もう一つは収入証明です。

勤めている人は、給与明細を持参するのがお勧めです。自営で給与明細がない人の場合は、確定申告書のコピーを持参するようにしましょう。キャッシングは返済を前提としていて、しかも連帯保証人が不要ですから、本人に収入がないと申込むことができません。もしアルバイトなどで給与明細がない場合には、給与が振り込まれる口座の通帳を持って行くといいでしょう。

またキャッシングの申込みで、本人確認や収入証明以外の、委任状などを持って来させる業者は要注意です。違法業者である確率が高いので、そこを利用するのはやめて、弁護士に相談するようにしましょう。