総量規制対象外のキャッシングなら銀行のカードローンを

消費者がお金を借りすぎてしまった結果、後々に大変な目にあわずに済むための法律として総量規制があります。この総量規制があることによって消費者は自分の年収の三分の一までしかキャッシングを利用することができないようになっています。

つまり、総量規制は消費者がお金を借りすぎてしまい自己破産に追い込まれてしまうようなことから未然に保護しているのです。しかし、この総量規制の存在がときには厄介に思えてしまう場面もあります。たとえば、ある程度のまとまった金額が必要なときにキャッシングでは、必要な金額を借りられないというケースがあるのです。

自分の希望している金額が年収の三分の一を超えているときに総量規制によって借りられないことがあるのです。ただし、そのような場面に直面をしたとしても慌てる必要はありません。総量規制対象外の借り入れもあるからです。

総量規制の対象となっているのはすべての借り入れではなく、消費者金融や信販会社、クレジット会社などのいわゆる貸金業者からの借り入れに限定されているので銀行のカードローンに関しては総量規制対象外となっています。もしも、年収の三分の一を超える金額を借りたいというときには、普段から親しんでいる銀行のカードローンに申し込んでみるようにしましょう。

愛媛銀行カードローンは無利息期間もついている地方銀行カードローン

愛媛銀行カードローンは全国対応をしている地方銀行の一角でありますし、地方銀行でもありながら

サービスもかなり充実しています。

全国対応をしているだけあって、口座も不要でWEBですべて審査が完了するという点は、全国展開している銀行といえる充実したサービスの一つといえます。

また、他の大手銀行にも負けないようなサービスとして即日融資と無利息機関の適用があります。

即日融資は、なんと愛媛銀行の口座でなくてもすぐ振り込めるという点があり、融資をしてもらう銀行の口座を持っていないと即日勇士は出来ないというようなところからさらに進んだメリットです。

また、初めて利用する方は契約日から無利息期間が30日間適用されるということで、大手の銀行や消費者金融にも負けない速さとサービスがここに詰まっているといえるでしょう。

金利については、上限が800万円までとなっているにもかかわらず、4.4%から14.6%と下限については高い部分もあります。

WEBサイトに関しても大手消費者金融や大手銀行レベルでコンテンツが充実していますので、インターネットをつなげる環境ならかなり扱いがしやすい部分も多いです。

地元以外の人でもかなり利便性は高い銀行であるといえます。

主婦キャッシングの条件について

主婦がキャッシングを行いたい時には条件があり、働いて収入の流れを持つ主婦と持たない主婦では違いがあるものです。

収入の流れを持つ主婦は金融業者に申込みを行い、審査基準に達していればキャッシング可能になりますが、働いていない主婦ならば選べる金融業者や審査時に必要な要素が変わります。

専業主婦は基本的には無職無収入状態であり、消費者金融では収入の無い主婦は申込みを行えない仕組みになっており、銀行の場合は配偶者収入や婚姻関係を示す書類を提出すると審査に挑む事が可能です。

銀行キャッシングを専業主婦が利用する際の注意点としては、配偶者の収入が返済能力の基準となり、主婦が使い込み過ぎれば配偶者が返済する必要がありますから、利用時には用途を話し合って計画的な利用が必要になります。

専業主婦でもキャッシングが必要な場面はあり、何か急な出費が必要な際にキャッシングサービスを利用出来れば便利です。

銀行では配偶者の返済能力が信用となりキャッシング出来ますから、確実に完済出来る見通しがついた状態での利用が望ましく、返済に負担がかかるような借り入れを避けて、完済に必要な日数や利息負担の総額計算した上で利用すれば安心でしょう。

中小の消費者金融を利用する時に把握しておきたい2つのリスク

中小の消費者金融は柔軟な審査をしてくれるので大手の消費者金融より審査の可決率が高いです。それで確実にお金を借りるために中小の消費者金融を利用する人も出てきています。しかし中小の消費者金融を利用する時はリスクを覚悟しなければいけない場合もあるので事前にしっかり頭に入れておく必要があります。そこで中小の消費者金融を利用する時に把握しておきたいリスクを確認していきましょう。

・上限金利が高く設定されている

大手の消費者金融は上限金利が18%に設定されている事が多いですが、無利息サービスなどもあるので上手に利用すれば返済する時の負担が軽減されていきます。しかし中小の消費者金融は上限金利が20%に設定されている事が多いです。しかも無利息サービスがないので返済する時に負担がかかるリスクがあります。特に借り過ぎたりすると返済する時に負担がかかるので注意が必要です。

・提携ATMを利用する事が出来ない事が多い

大手の消費者金融は提携ATMを利用する事が出来るのでコンビニまで行けばお金を借りる事が出来ます。しかし中小の消費者金融は提携ATMを利用する事が出来ない事が多いので事務所に出向かなければいけない事があります。すごく不便になるリスクがあるのでしっかり把握しておく必要があります。

ちゃんとした収入があればアルバイトでもキャッシングの利用は可能です

アルバイトで働いていると銀行などからお金を借りるとき困るのではないかと考えている方は多いと思います。確かに、正規雇用で働いている方と比べて非正規雇用のアルバイトで働いていると、経済的な信用力は低いと思われてしまうでしょう。安定した生活を送れていないとも思われがちになってしまいます。

だからと言って、世の中にあるすべての金融機関がアルバイトで働いているひと達を相手にしていないということでもありません。私もアルバイトで働いていたころに実際に利用した経験があるのですが、消費者金融ではアルバイトで働いているひと達にもキャッシングを利用する機会を与えてくれています。

主だった消費者金融のホームページをチェツクしてみると、アルバイトやパートタイムで働いているひと達からの応募も受け付けていると明記されています。アルバイトやパートタイムで働いているひと達で、お金に困ったときはそのような消費者金融に応募してみるといいでしょう。

もちろん、そのような消費者金融に応募したとは言ってもすぐにお金を借りられるわけではありません。

キャッシングを利用する前には審査に通らなければならないからです。ちなみに、アルバイトで働いていた私が消費者金融に応募した際には、他からの借金はなく毎月25万円ほどの給料をもらっていました。アルバイトで働いていたとしても、ちゃんとした収入があれば消費者金融のキャッシングが利用できると考えて間違いはないと思います。

真面目にキャッシングを考える。本人確認があることの意味。

キャッシングに限らず、真面目な人なら、人からお金を借りたりはしたくないことかと思います。でも、人生、そう思い通りにいきません。お金をどこからか都合しなければ、困ってしまうということもあります。だったら、くよくよして、二進も三進も行かないところに辿り着く前に、目の前にある危機から脱しましょう。

危機を脱するにあたり、1つ、注意して欲しいことがあります。というのも、キャッシング関連で、真面目な人が陥りやすいミスに、誰にも知られたくないと思うあまり、本人確認がある業者さんを敬遠するということがあります。でも、よく考えてみてください。貴方は相手がだれか分からない人にお金を貸しますか。

貸さないと思います。本人確認しないという業者さんは、せずにお金という大切なものを貴方に貸すメリットを見出していると考えるべきです。そう考えると、ちょっと怖いですよね。だから、キャッシングをする時は、本人確認がある大手の業者さんをお選びになることをお勧めします。

ちなみに、本人確認は皆がよく知るキャッシング業者さんの名前を大々的に出しては行いません。心配なら、家族や職場の人には知られたくない、分からないように本人確認してもらえませんかと、貴方からも直接、担当者の方にお願いしましょう。担当者の方は心得たもので、上手く対応してくれます。深呼吸をして、まずはここはと思う大手の業者さんにお問合せしてみてください。

キャッシングの審査に必要なのは本人確認と収入証明だけです

キャッシングをしたいけれど、何を持参したらいいのかわからないから心配、そういう人はいないでしょうか。実はキャッシングに必要な書類は、2つしかありません。まず本人確認の書類です。キャッシングは、誰かに代わりに行ってもらうことはできませんし、名義貸しもできません。必ず、お金を借りる本人が申込むことになっています。

本人確認の書類は、運転免許証が一番いいのですが、その他に保険証やパスポートでも構いません。ただし期限が切れていると利用できませんので、必ず有効期限内の物を持参するようにしましょう。もう一つは収入証明です。

勤めている人は、給与明細を持参するのがお勧めです。自営で給与明細がない人の場合は、確定申告書のコピーを持参するようにしましょう。キャッシングは返済を前提としていて、しかも連帯保証人が不要ですから、本人に収入がないと申込むことができません。もしアルバイトなどで給与明細がない場合には、給与が振り込まれる口座の通帳を持って行くといいでしょう。

またキャッシングの申込みで、本人確認や収入証明以外の、委任状などを持って来させる業者は要注意です。違法業者である確率が高いので、そこを利用するのはやめて、弁護士に相談するようにしましょう。

キャッシングが使えるように審査時に気をつける事

お金を借りる方法として、消費者金融会社が提供しているキャッシングサービスの利用は多くの人々が利用しています。消費者金融会社からお金を借りる為には、キャッシングの申込みをして審査を通過する必要があります。審査は、申込者が提出した申込書と本人確認書類、信用情報機関に登録されているデータに基づいて進められます。

審査時に申込者が気をつけるべき事は、消費者金融会社からかかってくる在籍確認の電話です。在籍確認の電話の内容は特に無く、消費者金融会社が申込者宛に電話をかけてくるだけですので、これを受けられるようにしておく必要があります。

もし、仕事で会社を出ている場合でも、会社の誰かが申込者が出かけているという内容の事を話せば、在籍確認が取れた事になります。一方で、この在籍確認が出来なかった場合には、本人確認が出来ない為に審査を進められなくなり、審査が通過しなくなってしまいますので注意がしなければいけません。

在籍確認は、キャッシング利用をする為の審査において重要な過程ですので、申込者は審査が始まったら、在籍確認の電話を何らかの形で取れるようにしておいた方が良いです。その他に審査通過で気をつけるべき事は、申込書の記述不備をしないように再度確認する事やネットで申込みをする時の本人確認書類の画像を内容がしっかりと分かるように撮影する事です。

キャッシング審査は少なくとも派遣事務所に登録してからの方が有利に

学生や主婦といった、収入面や経済面での不安定さや不安がある人が心配しがちな事柄として、欲しい商品やサービス、また参加したいイベントがありお金を借りたい時でも、果たしてキャッシングの審査に通るのか?という点が挙げられるでしょう。

実際のところ、日頃からしっかりとアルバイトやパートで働いており安定した収入がある事を証明出来さえすれば、審査に通る事自体それ程高いハードルとはなりません。つまり普段から生活の一環としてアルバイトやパートを行っていれば、どんなにお金が必要な機会が生じてもキャッシングを利用出来ないという心配は無用なのです。

キャッシングの審査に申し込む時点でそれらの仕事に就いていない場合が問題で、手っ取り早い解決方法はアルバイトやパートに申込み、すぐに働きに出られなくとも在籍だけは確保しておくのが一番です。

つまり実際に働いてはいないものの、派遣アルバイトやパートの事務所に登録しているだけでもその条件を満たす事は出来る為、そういった関係を何かしら築いているとキャッシングにはるかに有利になるという事です。

確かに安定した収入が得られている正社員、また稼働中のアルバイトやパート、派遣社員よりかは信用度は明らかに低く、場合によっては融資を受けられないケースもありますが、何も対策を取らないままでいるよりかは有意義でしょう。

もちろん派遣事務所に登録さえしていれば、いずれ仕事の紹介があり働けるチャンスがぐんと増える訳ですから、収入を増やし返済を楽にするという観点から見ても楽になる筈です。

キャッシングの審査への不安を解消する方法

キャッシングを利用する多くの人が感じる不安は審査に通るだろうかということです。では、どうすれば審査への不安を解消することができるのでしょうか。今日は、特に年収がそれほど多くなく、勤務している会社も大きくないという状況の人について記したいと思います。

まず、審査の際に重要な要素は年収です。当たり前ですが、年収があればキャッシング会社は返済能力があると判断して、審査の際には有利に判断してくれます。しかし、年収が少ないからといって必ずしも審査に落ちるというわけではありません。その不安を解消する方法は、借り入れ金額を小額にするということです。つまり、借り入れ時に希望限度額を設定しますが、それをできるだけ小額にするということです。そうすることで、キャッシング会社から返済能力の範囲内で十分に返済できると判断されます。

次に、自分の所属している会社がそれほど大きくない場合はどうすればよいでしょうか。確かに大企業のほうが審査には有利です。しかし、勤続年数も重要な要素となります。それで、勤続年数が10年以上など比較的長いのであれば、収入面で安定していると判断されますので、キャッシング会社からの信頼を得ることができます。