お得なキャッシングをさらにお得に利用する方法とは?

初めてキャッシングを行うにあたり、簡単かつお得に利用する方法をご存知でしょうか?実はお金を借りるだけでお金がもらえてしまうと言うなんともお得かつありえないような話と言うものが存在します。そのことについてお話ししていきたいと思います。

消費者金融からキャッシングを行う場合は、お小遣いサイトやポイントサイトと言われるサイトから登録をすると良いのです。実は私がポイントサイトから消費者金融のキャッシングをを申し込んだのですが、3000円分のポイントをもらうことができました。また30日間無利息でキャッシングを受けられると言うサービスもあったため、実質プラスになりました。皆さんももしキャッシングを行うことがあれば、ポイントサイトから行うと良いでしょう。

キャッシングを初めて受けた私の感想

最近私は初めて消費者金融からのキャッシングを受けました。初めての方は皆さんそう思うと思いますが、借りるにあたって怖い思いや不安な思いをしないかどうか考えてしまうものです。そこで今回私は、初めてキャッシングを受けてどのような感想を持ったかと言うことについてお話ししていきたいと思います。

まずインターネットから申し込みを行い、書きもれがある所や詳しく聞かれなければならないことがあった場合に直接電話がきます。その際の電話のオペレーターの方はとても優しく親切だったので安心しました。

私があまり良いと思わなかったところは、どうしても在籍確認と言う仕事場に自分宛に在籍しているかどうかと言う電話がきます。個人名で電話が来るのですが、その電話がどのような電話か周りの同僚に不審がられたのであまり印象は持ちませんでした。これ以外はさほど気になるところはなく安心してキャッシングを受けることができましたので、初めての方でもおすすめであると言えるでしょう。

キャッシングの申し込みはどのようにして行うのか

あなたがもしキャッシングを行おうと思った際に、どのようにしてキャッシングを申し込めばよいか迷った事はありませんか?消費者金融によりますが、キャッシングを申し込む方法についていくつか述べていきたいと思います。

1番メジャーな申し込み方法としては、消費者金融のホームページなどからインターネットを利用して申し込む方法が1番メジャーです。必要な情報を打ち込むだけで申し込みが終わります。後は職場の在籍確認などて本人確認を行うのみです。その他自動契約機に出向き直接申し込みをする方法や、コールセンターのサービスを利用し申し込む方法、店頭から申し込むなど様々な方法があります。自分が利用しやすい方法を利用しキャッシングを申し込むことが良いでしょう。

私がプロミスでお金を借りた印象について

私は昨年、消費者金融大手のプロミスからキャッシングを受けたことがあります。キャッシングを受けた際のプロミスの印象についてお話しをしていきたいと思います。

プロミスからキャッシングを受けると言うことは初めてのことでしたので、かなりの恐怖と不安にかられました。インターネットからキャッシングの申し込みを行い、職場への在籍確認と言うことでプロミスのスタッフさんとの対人連絡の1回目がありました。

職場への連絡と言うことでかなりの不安がありましたが、優しい男性の対応によってまずは一安心。その後、分からないことがありましたので直接プロミスのコールセンターへの連絡が2回目。その際は女性のオペレーターでしたが、とても親身になって対応をしてくれました。このことからプロミスは安心出来るスタッフが多く、利用しやすいと言う員を受けました。

学生のキャッシングで親バレをしない方法はある?

現在は学生であっても未成年じゃなければキャッシング契約をすることができます。ただ、親バレしないかどうかが心配という方もいらっしゃるでしょう。そこで学生がキャッシングをする際に親バレを防止する方法を紹介します。それはweb完結システムがあるキャッシング業者に申し込むという方法です。

SMBCモビットやプロミスでは契約書類やカードなど自宅への郵送物を無しにするプランがあり、こちらを利用すると審査時の電話確認も行われませんので親バレの心配はかなり軽減されることでしょう。アプリを駆使することでコンビニATMからカードレスでのキャッシングが出来るなど、とても手軽に使えるようになりましたので学生には特にオススメです。

かつては親と同居の場合に学生のキャッシングはバレるのでは?という不安があったものの今はその心配はほとんど無くなっているのです。

増額案内をされた場合に交渉すべきことは?

銀行や消費者金融のカードローンを一定期間利用し、返済に問題が無ければ増額案内されることがあります。しかし、借り入れは限定的という方には増額案内はあまりメリットの無いものにも感じてしまいます。しかしながら、増額する予定が無いときは、そのまま断るのではなく金利引き下げの交渉を忘れてはなりません。

カードローンの中には、利用限度に応じて金利がスライドするもののほかに審査により金利が設定されるものもあります。利用限度に応じて金利が設定されるものについては、交渉の余地が無いものの、審査で設定される場合は金利が下がる余地があります。

交渉をしなければ、そのままの金利で契約し続けることになるため、信用度が向上して増額案内されたと判断できる場合は先ずは交渉してみましょう。交渉して不利になるものではなく、声に出して言ってみても損はありません。

家族にバレたくない…主婦のキャッシング活用術

急な冠婚葬祭や友達と集まりに買い物、どうしてもお金がピンチなんだけども旦那さんにお金のことを言い出せない…

こんな悩みって専業主婦だとありますよね?

でもこの悩みを一気に解決してくれる方法があります!それはよくTVや広告でみる「キャッシング」です。

キャッシングと聞くとなんだかマイナスイメージが付きまといませんか?

確かに「借り入れ」には違いがありませんが、うまく利用すれば金利も安くしかも誰にもバレることなくお金を借りることができるのです。

専業主婦の方ともなれば、収入はほぼないものとみなされるので所謂アイフル等の消費者金融でのキャッシングは難しいとされます。

他にキャッシングの方法ってあるの?とお思いでしょうが、実は銀行でも対応しているところが多くあります。銀行のカードローンがこれに該当します。

専業主婦がキャッシングできるのは銀行のカードローンだけです。しかも今はネットで全て手続きができ来店不要だったり、即日融資が実行されるなど(条件はありますが)とても手軽にお金を借りることができます。

その際、キャッシングの事を家族にバレたくない方が多いと思いますが、その心配もありません。在籍確認の電話はご家庭の固定電話に入るなど、ご主人に気づかれることもありません。返済のお葉書なども届かないものもあるので、色んな銀行ローンのキャッシングを比較してみましょう。さらに銀行のカードローンのメリットをあげるなら、消費者金融の金利に比べ安いことです。

審査の敷居が低く多くの方が利用できるシステムですが、限度額は大きくないことも特徴です。

利息次第で返済の負担の感じ方が大きく変わる

キャッシングで借りたお金は、期日までに返済をしなければいけませんので、返済における利息はとても重要な要素です。利息は、消費者金融会社が貸金業法に基づいて設定した借入年率から算出されるようになっています。

借入年率は消費者金融会社によって異なる事が多々ありますので、それぞれのサービスがどのようになっているのかを比べておく事が必要でしょう。利息が低ければ低いほど返済の負担が減りますので、キャッシングの利用もし易くなってきます。

キャッシングでの借り入れしたお金は、各種支払いなどに使えますので自由度が高いのがメリットです。利息の違いによって返済が楽になるかどうかが変わってきますので、重点的に利息を比べてサービスを選んだ方が良いです。

長期連休や土日祝日に融資を希望するなら?

急な出費により現金が不足することは、長期連休や土日祝日ではよくあります。このような場合、銀行カードローンやフリーローンは銀行休業日であるほか、即日融資が行われていないことから現金調達は困難です。しかし、大手消費者金融のカードローンであれば、長期連休や土日祝日でも契約ができ、当日中に融資を受けることも可能です。

ただし、長期連休や土日祝日は営業中といっても、スタッフ人員の問題や申し込み集中により審査時間が掛かることもあります。そこで重要なことは、申し込み後の対応になります。今ではインターネットからWEB完結で契約まで可能なものの、順番待ちが発生します。しかし、無人契約機に足を運ぶことで審査順番は優先されるため、急いでいる時にはインターネットからの申し込みと無人契約機での契約手続きがスピーディーになります。

三井住友銀行のローン契約機でもモビットは契約できる。

モビットでは、三井住友銀行のローン契約機でも契約ができるようになっています。

この契約機は平日だけではなく休日にも対応しているものであり、9:00~21:00と

長い時間対応してくれますので、平日は忙しいから銀行は利用できないという方にもよりよく対応してくれます。

また、このローン契約機は全国に700か所ありますから、利用のしやすさは結構あるのではないだろうかと思いますし、

操作方法もタッチパネル式で丁寧で分かりやすい操作方法を示してくれますので、機械に弱い方でも

十分に操作できるのではないかと思います。

銀行内で利用するのなら、無人契約機よりも恥ずかしさはないでしょうから、より利用がしやすいのではないでしょうか?