個人事業主がお金を借りるのは難しい?

個人事業主を簡単に言うと、法人として開業手続きをしないで事業を始める全ての人を言います。個人事業主として事業を開始するには所轄税務署に開業届けを出すだけでOKで、お金はかからないのが特徴です。

このblog的には、個人事業主は普通のカードローンの審査に通りにくいのが特徴です。そもそも普通のカードローンはほとんどの場合事業用資金に充当することを禁じています。

そこで個人事業主はヒジネスローンという事業資金専用のカードローンを契約するのがオススメです。無担保・保証人無しで契約できますし、総量規制の対象外なので巨額の融資が可能となります。ビジネスローンは金利がやや高く提出する書類が多いのがデメリットでありますが、資金難に苦しむ個人事業主の強い味方となります。

学生の方もキャッシングが可能なんです

生活する上で、どうしてもお金が必要になることもあります。学生は借り入れることができないと思われている方もいるかもしれませんが、実は学生向けのキャッシングもあるんです。急ぐ方も安心できる最短即日融資が可能、初回利用の翌日から30日間、無利息のサービスもあります。

また、50万円までの借り入れの場合、収入証明も不要ですし、来店することなくWEBから申し込みをすることもできます。その際、口座振り込みの返済にすれば、郵便物もナシで契約することも可能です。全国各地にあるコンビニのATMからも借り入れ、返済ができるので非常に便利です。キャッシングの申し込みをする前に借り入れ額、期間などきちんと確認をすることが重要です。

多くの銀行で、自分の銀行の口座を必要とする理由

口座を持っていることを前提に多くの銀行では、カードローンの発行の条件としています。

この条件はなぜ設定されているのかというと、単に他銀行に振りも無のが面倒であるといったことだけではありません。

基本的に、銀行内でカードローンの申し込みをする人の情報管理をするのが楽だからです。

申し込み時に苧金額や利用上を卿を調べることが口座を持っているとしやすく、それによってどれくらいの収入上や支出があるのかを

判断するのが一目瞭然です。 そうなると、より審査がしやすく、返済についても計算しやすいので口座を持っていることが条件になっていやすいのです。

銀行が手堅くお金を回収するために必要となっているのが口座を持っていることを要件にしていることなのです。

キャッシングの限度額引き上げ方法

銀行や消費者金融を利用してお金を借りるといった方法があります。一般的に正社員や契約社員といった企業で勤めている人であればだれでもがキャッシングサービスを受けることが出来ます。

ですが収入に応じての返済プランを銀行側や消費者金融側が審査して決める為決まった金額しか借りることが出来ません。その際にキャッシングの限度額を引き上げる方法としては所得証明書を銀行などに提出しより厳しい審査を受けることが必要です。

その審査では借入時の返済が滞納がなくしっかりと期日が守られているかも審査の対象になります。厳しい審査さえ通ればキャッシング枠の引き上げが可能なのです。所得証明書さえ提出すればだれでも審査を受けることが出来ます。

アイフルのファーストプレミアムカードローン

初めてカードローンと契約される方は、テレビCMでお馴染みの消費者金融が安心です。中でもアイフルには、テレビCMではやっていないファーストプレミアムカードローンという特別な商品があります。非常に低金利のため審査は厳しめですが、こちらに落ちても通常のカードローンには通る可能性は高いので、ダメ元で申し込むのもアリです。

アイフルのファーストプレミアムカードローンの基本スペックは、融資限度額が100万円~500万円、金利は年4.5~9.5%です。こちらも総量規制の対象となるために、最低年収300万円以上ないと申し込めません。また初めてアイフルと契約される年齢が満23歳以上59歳以下の方と、通常のカードローンよりも申し込みみ条件が厳しめです。しかし最大30日間の無利息サービスはありますし、即日融資も可能ですから利便性は高いです。

郵便局にもカードローンがあるらしい

先日地域一の大きな郵便局の窓口に行った際、「したく」というカードローンのパンフレットが置いてありました。私はボソッと「郵便局でもカードローンやっているんだ」と言うと、窓口の女性が「こちらは実はスルガ銀行のカードローンなんです」と言うのです。どうやらスルガ銀行カードローンの代理店として、「したく」と名付けて郵便局で取り扱っているようなのです。

パンフレットには、「したく」の融資限度額は500万円(初回借入は300万円まで)、金利は年7~14.9%と書かれています。窓口の女性に聞くと、「審査は即日で行われるものの、融資までには1週間ほど見ておいて下さい」と言われました。そして「10万円の借入なら毎月3000円の返済で大丈夫です。契約されますか?」と誘われましたが、やんわりと断りました。郵便局ならではの安心感は買えますが、利便性は高くはないようです。

上手に使えば銀行の時間外手数料よりもお得なキャッシング

いつでも手軽にお金を借りられるキャッシングですが、どうしても利息が高いというマイナスのイメージを払拭することはできません。たしかにキャッシングの金利は決して安いものではありませんし、返済を完全に終えるまでに支払う利息はそれなりの金額となってしまうことは否定できません。

しかし、キャッシングも上手に使うことで銀行から自分のお金をおろすときよりもお得に使うことができる場合もあるのです。たとえば、キャッシングでは利息の計算は日割りで行われますが、借りたお金を短期間のうちに返済してしまえば支払う利息は銀行のATMの時間外手数料よりも安く済みます。急にお金が必要になったというときに頻繁に銀行からお金をおろすよりもキャッシングの方がお得な場合もあるのです。

限度額内まで使えるキャッシング

消費者金融会社では、様々なローンを用意しており、多くのユーザーが活用しています。この中でも、利用する用途の制限が少ないのがキャッシングというサービスです。

キャッシングは、審査を行って、消費者金融会社側が限度額を設定します。ユーザーがキャッシングの限度額内まで融資を利用する事が出来ますが、消費者金融会社は貸金業法という法律の下で営業する事が認められており、その法律の中で総量規制という仕組みが義務づけられています。

その為、キャッシングの利用者は、年収の3分の1までしかお金を借りる事が出来ません。これは、複数のキャッシングやカードローンを使っている場合にも適用され、その合算された金額が年収の3分の1を超えた時には、新規に借りる事が出来ないので注意しなければいけません。

中小の消費者金融でも在籍確認がないところもある。

在籍確認は、中小の消費者金融だと借り入れをしてくる属性的にもなかなか信用がない人が多いものですから、

在籍確認はしっかりとしてくるような会社ばかりのような感じがします。

ですが、在籍確認に関しては中小の消費者金融であってもないようにできるところもあります。

中小企業であっても、顧客の獲得のために独自でできる限りのサービスを展開している会社も多く、

その中でも在籍確認なしで行えるような会社もあります。 借金がかなり危ない状況であっても

誰にも相談できないような方には結構重宝されます。

会社とかにできればばれたくないようなケースであっても、中小でもそういったことをしなくてもいいように確認が取れる会社もありますので、

色々さがしてみて、契約をもし混んでみるといいでしょう。

キャッシングの審査についてです

キャッシングの審査に関してですが、今色々なクレジットカードがあります。クレジットカードにはキャッシングがついています。キャッシングをするためには審査があります。どのカード会社でもそうです。初めてキャッシングの審査をするかたは、何か仕事をしていたり主婦をしている人は、ほぼ審査に通ります。

逆に審査に通りにくい人は、前に何処かのカードローン等で滞納している人です。しっかり払い続けている方ならば問題ありませんが滞納している方は厳しいかもしれません。理由はカード会社のブラックリストに載っているからです。

ですから初めてのかたは審査に通ります。今だとスマートフォン等のネットから簡単に審査出来ますので、便利です。ネットで簡単に審査してもらえ、早ければ即日からキャッシングを使う事ができます。一番おすすめが楽天です。大きな会社ですし、日本全国的に使えます。

はじめての方は特におすすめです。審査に時間もかかりませんし、キャッシングの幅も決められます。主婦の方も審査に通ります。キャッシング審査に悩んでいる方は、色んな会社のキャッシング審査を行うのではなく、一件にしぼっての審査をおすすめします。そして次のキャッシングの審査を行う時は少し間をおいて行うのがいいとおもいます。