おまとめローンとは?

「おまとめローン」とは、複数の金融業者より借り入れがある場合にそれらを一本化する借り入れ契約のことを言います。

例えばA社より20万、B社より50万円、C社より30万円と3社より借り入れがある場合、新たにD社より借り入れ合計額の100万円の融資を受けA、B、C社を全て返済してしまい、今後はD社にのみ返済をするということになります。

このおまとめローンのメリットとして、金融業者によって返済日が違うのでうっかり忘れてしまったといったことが無くなりますし、毎月の返済額の算出も返済するのが1社だけになりますので間違えることも無くなります。また借り入れ業者が1社だけになったことで、気分的に多少解放されるといった面もあるかも知れません。

ですがデメリットもあります。まず、おまとめローンの融資が決定してからその融資を完済する前の間は新たな融資はまず受けられないと思ってください。もちろんどの金融業者からもです。

おまとめローンとは借金の完済を目的とした一本化ですので、もし契約後に新たな融資を受けたことが発覚してしまうと契約違反となり、残りの借り入れ金額の一括返済を求められることがあります。

また、選択した金融業者によっては複数の業者から借りていた頃より金利的に多少上がってしまうこともありますので、契約前にきちんと計算し、今の金利と同等もしくは安くなるような業者を選択することが大事になります。

また、おまとめローンの対象にならない借り入れもあります。住宅ローンや車のローン、カードショッピングなどの物を購入した際の借り入れは対象外です。金融業者からの現金での借り入れのみが対象になります。

このようにメリット、デメリットの両面がある「おまとめローン」ですが、今後もう追加の融資は受ける予定はなく、完済を目指している方にはメリット面の方が大きいと思いますのでお勧めできます。

アルバイト時代でのキャッシング利用

僕は現在30代の、男性です。

20代前半でのバイト時代でのキャッシング利用の経験談です。

当時はコンビニでアルバイトをしていた時のことです。

夕方から深夜にかかるまでのアルバイトだったのですが、日数・時間が週4程度で、約¥85000ほどの収入でした。まだ実家暮らしで就職前だったので、ほぼまるまる小遣いのようなものでした。

このバイトから、他のバイトに移るまでの期間、小遣いがピンチ!

そこでキャッシングを試みました。

なんとも浅はかな考え、、少しは我慢するか、やりくりしろよ、、、

という状態でしたが、その時は使うことに頭が囚われていました、、、

少し検討した結果、無人契約機でのキャッシングを試しました。

最初はドキドキ。無事に借りられるのか。本当に借りて大丈夫なのか!?

結構不安でした。

まあ、次のバイト、次の収入がほぼ決まっていたので、返すあてはきちんとありましたが。

無人契約機の前に立ち、契約開始です。

身分証明書の提示や、申し込みの記入。難しい作業はなかったように覚えています。

結果としては、当日に¥50000を借りられたと記憶しています。

キャッシングとは案外簡単にできるものなのだなと、感心していました。

ただ、返すあてがあるときにキャッシングは利用しないと、後々困るのは自分なので、そこは気をつけようと思いましたが、、

返済自体は、次の返済日に一括返済したと思います。

実際返済が終わるまでは、キャッシングしたことが少し心の負担にはなっていました。

キャッシング利用の、少しの安心感と負担を感じた体験談でした。

おまとめローンの活用

キャッシングやカードローンは、いつでも限度額までならお金を借りることができますので、非常に便利なものです。キャッシングやカードローンは一つの金融機関から利用するのではなくて、色々な金融機関で利用することができます。

しかし、一つではなくて色々なところから利用してしまうと、口座振替がややこしくなってしまったり、返済する金額を把握することができなくなってしまったりと、様々な問題が発生してしまうことがあります。そんなときはおまとめローンを活用しましょう。

おまとめローンとは、複数あるキャッシングやカードローンの返済を一元化することができるものです。おまとめローンを活用すれば、キャッシングやカードローンの返済も分かりやすくなります。

キャッシングの返済で遅延をすると信用情報機関に掲載される

キャッシングにおいて、遅延をすることはできるだけ避けてもらいたいものですが、遅延を1回でもしてしまうと、その情報が信用情報機関に載ります。返済が間に合わなかったという事実が載ってしまうので、それが以降の申し込み時にも影響しないとは言えません。

基本的に遅延はどの会社もマイナス視しているので、それはできるだけ避けてもらいたいですが、何度も利用していれば、多少遅れてしまうことはどうしてもあります。したがって、1回の遅延が以降のキャッシングの審査において、特に不利に働くとは思えないのです。不利になってしまう可能性は否定できませんが、それがそんなに大きな影響を生むとは思えないのです。遅延が甚大な影響になる場合というのは、遅れた日数があまりにも長すぎたり、遅延が何度も繰り返されたりといったケースになるでしょう。

1回のミスであれば、それくらいはあるだろうと思ってくれると思いますが、何度も繰り返していると、うちでも返済が遅れる可能性が高そうだと思われて、貸してくれない可能性もあります。したがって、たまに遅延がある分にはしょうがないですが、頻繁にあったり、過去に何度も遅延をしていると、いずれ貸してくれるところがなくなるという危機感は持ったほうが良いと思います。

主婦でもキャッシングを利用できるんです!

主婦だからキャッシングは利用できない…と諦めている方はいませんか?

数年前に法律が改正され確かに専業主婦の方がキャッシングを利用することは難しくなりました。

しかし主婦の方でもパートをしている方は別です!

パートをして毎月一定の収入がある方は会社員と同じようにキャッシングを利用することができるのです!

えっ?!だったら私もキャッシングを諦めなくてもいいの?と思う方は大勢いるのではないでしょうか。

そうです、主婦だからと言ってキャッシングを利用することを諦める必要はないのです。

しかし、少し条件はあります。

パートなどにより毎月安定した収入があること

キャッシングを利用する半年~1年以上のパート経験があること

などです。

この条件をクリアできれば主婦の方でもキャッシングを利用できます。

主婦だからと言って諦めずにキャッシングを利用したいと思う方は一度審査を受けてみることをお勧めします。

銀行ローンは優れた条件

街に点在している消費者金融と比べると、銀行ローンの条件は良心的だと言われています。通常の消費者金融のキャッシングサービスは、より多くの人をお金の問題から救済する事が目的です。それを実現するために審査は比較的通過し易く設定されています。その代わりに利息分で上乗せされる金額が少し厳しいのです。

それに対して銀行ローンは利息が低いため、返済する時に上乗せするお金は最小限で済ませられます。それが成り立つのは信用出来る相手と契約して、高確率で回収業務を遂行出来るからと言えます。キャッシングサービスを利用する人の中には返済が遅れる人も存在しており、最悪の場合には回収が果たされない事もあるのです。優良な条件でサービスを提供する事は、提供側が大きなリスクを負担するのを意味しています。消費者金融と同じ基準で顧客の審査を行えば、サービスを提供している銀行に悪影響が生じるのです。

だからキャッシングサービスを利用するための審査が、通常の消費者金融よりも通り難くなったと言えます。社会から信用を得ている人物しか利用出来なくした事で、銀行ローンは抱えたリスクを安全に処理出来るようになっています。銀行ローンの審査が厳しい事は間違いありませんが、信用が足りなくて審査に通らなくてもペナルティを課せられるわけではありません。つまり消費者金融を利用する前に審査してみる事は無駄ではないのです。社会的な信用に自信が無くても審査を通過してしまえば、一般的な消費者金融よりも条件の優れたサービスを利用出来るようになります。

旅行へ行くので、キャッシング

最近、テレビCMでキャッシングについてのものが多く、有名タレントを起用していることもあり、色々とインターネットでチェックしてみました。私は一度も利用したことはないのですが、今度旅行に行くことになり、預金が少し足りなさそうで、給料日が来ればすぐに返せそうですので、申し込んでみようかと考えています。

キャッシングというと、金利が高いようなイメージがあり、自分とは無縁だと思っていたのですが、一定の期間内に返済すると無利息で借りられるサービスにはかなり魅力を感じています。友人や親に借りると関係が壊れそうですし、いろいろ心配かけたくないので、そういうわずらわしいことを避けたい人にはぴったりだと思います。初回限定みたいなのですが、利息がかからないところで申し込み予定です。

キャッシングの申し込みで注意する点とは?

緊急でお金は必要になった際には心強い味方となってくれますが、申し込み申請が通らない限り借り入れることはできません。キャッシングの申し込みにはいくつかの注意しておくべき点がありますので、審査落ちで困る前に把握しておきましょう。

●キャッシングの申し込みの注意点とは?

1・勤続年数が短いと不利になる
就職先が決まりこの先給与が入るめどが立ったとはいえ、勤続年数が半年程度と短い場合では審査落ちする可能性が高くなります。
少なくとも勤続年数が1年経った頃に申し込みをした方が、審査に受かる確率も高くなります。

2・お金に困ったからと複数のキャッシングに申し込むのはNG
キャッシング会社は審査の為に、申し込みや返済の履歴などを記録してある「信用情報機関」へ必ず問い合わせを行いますので、複数のキャッシング会社へ申し込みをしていたり、過去に延滞事故をしていた事が判明した場合、まず審査通過することはできません。

3・年収の3分の1までしか借りられない
貸金業法が2010年に改正され、年収の3分の1までしか、正規の消費者金融での借り入れができなくなっています。
他社からすでに年収の3分の1借りていた場合には、審査段階で落とされてしまいますので、よく確認した上で申し込みをしておきましょう。

総量規制対象外のキャッシングとは

近年、法律の改正があり、消費者金融などの貸金業者が、一般の消費者に貸出しを行える限度額が年収の3分の1までに制限されました。年収が300万円に人の場合、消費者金融から借り入れることのできる総額は100万円までということになります。

この金額は、1社から借り入れを行える金額ではなく、複数の業者からキャッシングしている場合、他の借金を含めた金額になります。先の例の場合、借金全部を集めて100万円までということですね。

法改正が行われた背景には、貸したお金を返せるだけの余裕がない人に、必要以上の貸付けを行い、借金に悩み苦しむ人が多く出現して社会問題になったという点が大きかったと思われます。今のご時世で言うと、国に例えるならばギリシャのような状態になってしまったということですね。

ただし、この総量規制には抜け道が存在します。年収の3分の1を超える借り入れが場合によっては可能ということです。

結論だけ申し上げますと、消費者金融などの貸金業者ではなく、銀行などの金融機関からキャッシングする場合、この総量規制の制限を受けません。それと言うのも、総量規制は貸金業者を縛る規制であって、法律上、貸金業者に該当しない銀行などの金融機関は、この制限を受けないという理屈になっています。

我々一般の消費者の感覚からすると、狐につままれたような、不思議な気がしますが、法律の定義の問題で、これらは完全に区別されていますので、総量規制を超えたお金をキャッシングしたい場合、銀行や信用金庫を当たってみることをお勧めします。

スマホキャッシングが人気の理由
http://www.educatorcruises.org/

収入の無い主婦でもキャッシングは利用できるの? 

専業主婦の人がキャッシングを利用したい目的はさまざまですよね。家計が苦しいから。どうしても買いたい物がある。急でお金を用意しなければいけなくなったなど。でも収入の無い主婦はキャッシングに申し込みができるのでしょうか。答えはできます。ただし、夫の同意とそれに関連する必要書類を提出できた場合です。ここでは収入の無い主婦がキャッシングを利用するにはどうしたらよいのか見ていきましょう。

専業主婦がキャッシングに申し込むには

主婦の人がキャッシングを利用する際に欠かせない条件に申し込む主婦自身に一定の収入がある事が上げられます。では収入の無い専業主婦はキャッシングを申し込む事はできないのでしょうか。そんな事はありません。ただし、旦那さんの同意とそれに関連する必要書類の提出は条件になります。キャッシングの審査のチェックポイントとして年収と勤続年収があります。でも収入を持たない主婦はこれらのポイントをクリアする事はできませんよね。お金を貸すキャッシング会社からしたら無収入の人にお金を貸すのはリスクがあります。ではどうしたらよいでしょう。そこで夫の登場です。専業主婦の場合、収入はありませんが旦那さんが稼いでいます。ですから夫の年収と勤続年収を提示すれば借りる事ができる可能性が高いです。旦那の収入証明や同意書があれば借りるのは難しくないでしょう。

やはり旦那さんと話し合いは大事

専業主婦の人がキャッシングを申し込みには旦那の同意書とそれに関連する書類の提出が必要である事は述べました。つまり言い換えると旦那さんにだまってキャッシングを利用するのは難しいです。ただ、これは考えてみれば当然の事とも言えます。旦那さんからしたら専業主婦をしている妻が突然、借金を作っていたら慌てます。当然、喧嘩になる事も考えられます。そうならないために自分自身では一定の収入の無い主婦がキャッシングを申し込むには旦那の同意とそれに関連する書類の提出が求められるのです。夫に内緒にしなければいけないような事なら考えものですが、そうでなければやはりキャッシングを利用する意思を夫に伝えましょう。2人で相談して無事借りれると良いですね。